ベルト部分修理

2009年10月31日 (土)

巻き込み直し

巻き込み直し
巻き込み直し
巻き込み直し
ペルシャカシャーンウール絨毯のエッジが内側に巻き込む状態になっています。
普通はみなさんが見た事がある合成皮革製のベルトを絨毯裏側に取付て、エッジの巻き込みに付け、補強し抑える方法で対処されています。
今回の絨毯はかなり強い巻き込みでしたのでベルトを付ける前にイランのストレッチ工場で見習い中に教えてもらった裏技をして巻き込みを矯正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

ベルト

ベルト
ベルト
ベルト
ペルシャ絨毯の裏側に写真のような合成皮革のベルトが縫い付けてあります。
このベルトは絨毯が湿気を吸うとパイル根本の結びが締まり、その影響で渕が反り返る現象が起きる事があります。 それ防ぐために補強をしているのがベルトなんです。
写真の絨毯はイスファン産のペルシャ絨毯でⅠセンチに10個の結びがあります。したがって反り返る現象も強いのでベルトだけでは押さえ切れません。そこでベルトと絨毯の間に更に補強するためにプラスチックベルトを追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

ペルシャ絨毯の裏ベルト

ペルシャ絨毯の裏ベルト

かなりの数のペルシャ絨毯の裏に合成皮革のベルトが付いていますよねー。この裏ベルトの役目は絨毯の淵が手織りの構造であるパイル結びの影響で除じょに内側に巻き込まれるのを防ぐために取り付けてあるものなのです。ベルトが付いているから高品質と言うわけではありません。洗う時には支障が出ますので外して洗い、仕上げの最後に取り付けてお返ししています。1メートル付けるのに十分は必要で、大きいサイズの絨毯ではベルト付けだけで一時間掛かります。 傷んだベルトの取り替えもできます。ただ外して巻き込みが発生しないようであれば、付ける必要はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)