ストレッチ加工

2010年10月 9日 (土)

変形が多い?

変形が多い?
変形が多い?
今年の8月以降、手織りジュウタンが変形した敷物が相次いで修正依頼入荷しています。
入荷数は例年の30パーセント増で、一台しかないストレッチマシンは順番待ちとなりました。
写真はシルクペルシャでストレッチの前後をアップしました。

当初は半分に折り返してみると房の辺が平行になっていませんでしたが、加工修理後は平行になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

ラグの裏に

ラグの裏に
ラグの裏に
ラグの裏に
ラグのクリーニングをお受けしました。
入庫した時に気づいた裏のシワを修理できる事をお伝えしましたら、お客様も気になっていたらしく即答でOKの指示をいただきました。
シワができる原因としては経年により、内部のラテックス(のり)が硬化していく過程で縮みが発生したり、裏綿布が振動や他の要因で延びてしまうなどさまざまです。
今回は布が伸びた様です。

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

ストレッチ

ストレッチ
ストレッチ
ストレッチ
大型サイズじゅうたんの寸方修正が続いています。
最初はシルクペルシャジュウタンの有名工房ジャムシディで2×3メートルの素晴らしい作品をストレッチしました。
真ん中付近にシワがあります。
一週間掛かりましたが、完璧に直りました。
その次にペルシャジュウタンのケルマンウールを修正します。
こちらは2.5×3.5サイズであり、当社のストレッチマシンでできる最大サイズとなります。
ストレッチ加工はシルクの方が修正しやすいんですよ。
こちらのストレッチはかなり寸法歪みがある為、早く終了できそうにありません。他の作業場所をかなり取り邪魔しますがウールジュウタンですのでジックリ時間をかけて治さないと後で戻ってしまう事があるので、急げません。
結果はグッドでした。喜んでいただけると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

中国シルクダンツウの変形を直します。

中国シルクダンツウの変形を直します。
中国シルクダンツウの変形を直します。
中国シルクダンツウの変形を直します。
中国シルクダンツウの変形を直します。 2.5㍍×3.05㍍の絨毯が変形してしまい、歪みが発生しています。
多分敷かれている部屋の真ん中だけを歩いて居る為に、そこだけが約5センチほど延びているヶ所があります。
ストレッチマシンでゆっくりとテンションを架けて修正していきます。
最初の写真はマシンにセッティングして少しテンションを架けた場面です。
徐々に強く引きながら、水分や熱を加え修正していきます。最後の写真はかなり強いテンションが掛かっていて、多分大人が乗れる位パンパンになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

ストレッチ

ストレッチ
ストレッチ
ストレッチ
他店にてクリーニングしたシルクペルシャ絨毯に寸法変化が発生し、所有者さんからクレームを言われたポシュティサイズのマットを当社で直す事になりました。
幅が55センチ位なのですが、3センチ程縮んでいます。
通常は5パーセントの縮み修正は可能ですが、今回のマットはこの割合を超えているのと、経年変化により基糸の劣化があるので要注意です。
ストレッチマシンで一日少しづつマットを裂かないように慎重に寸法を直しました。
約10日掛かりましたが正解な長方形に戻すことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

変形

変形
変形
変形
すごく変形したペルシャナイン絨毯をお預かりしました。
全体像が変形し真っ直ぐな部分がありません。
裏側についているベルトは変形したまま取付てしまったのでしょうか、かえって絨毯のシワが伸びないような付け方です。
ベルトを外してから水洗いし、ストレッチマシンで寸法を矯正してから新しいベルトを付ける事になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

ヨーロッパシャギーラグ

ヨーロッパシャギーラグ
ヨーロッパシャギーラグ
ヨーロッパシャギーラグ
スウェーデン製シャギーラグの変形している商品が入荷しました。
ヨーロッパラグの変形修正は初めての依頼です。
ストレッチマシンにセッティングしてテンションを加えるとスンナリと変形が消えましたが念のため3日位そのままにしてから外し、戻り具合を見てみようと思います。
多分大丈夫でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

ストレッチ

ストレッチ
ストレッチ
ストレッチ
今年は大きいサイズの絨毯メンテナンスが増えているようです。
ただ大きい絨毯をお預かりした時に寸法を計りますが、購入時からお使いされている間に振動と湿気などによりゆっくりと縮み、織機から外された時の状態に近ずいて行き、改めて確認して頂くと驚かれるお客様が結構いらっしゃいます。
そして寸法を購入当時に近ずけるストレッチ加工をご案内するとご利用される方も少なくありません。
最初に書いたように今年は大きい絨毯のクリーニングがいつもより多く、合わせてストレッチ加工のご用命も増えています。
作業も大変ですがこの不景気の時代にとても有り難く、うれしく仕事をさせて頂いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

タペストリー加工のを歪み直しました

タペストリー加工のを歪み直しました
タペストリー加工のを歪み直しました
タペストリー加工のを歪み直しました
写真のタペストリー加工されたペルシアシルク絨毯は手織りのテンションによりシワがでてしまいました。
当社の加工ではないために記録を録りながら慎重にタペストリー加工を絨毯から外します。
絨毯はストレッチマシンで歪みを矯正し、タペストリー加工部分はアルミ材などの手直し、歪み修理の済んだ絨毯に元と同じ針穴に糸を通して復元しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

在庫時のシワ

在庫時のシワ
在庫時のシワ
近所のインテリア販売店さんより展示在庫していた中国120緞シルク絨毯が売れてお届けしたそうですが、後日お買い上げされたお客様より連絡があり、両側のシワが気になると言われ、当社へ直せるかと持ち込まれました。
すでに販売された絨毯ですので「安い修理代」と「出来る限り早く」との条件付きでした。
状態は長い間立て展示してあった為かなり強固にシワがついていますので、本来はストレッチ加工をしたいところですが条件がありますのて、十分に蒸気をかけながら裏地のシワを伸ばしました。
表面のパイルについたシワによる癖は水分を与えながら直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧