クリーニング

2015年10月20日 (火)

フェイスブックへ

この所アップ出来ず申し訳ありません。フェイスブックで「色彩のギャラリー」
に記事を移動することになりました。
個人でもフェイスブック「追分敏彰」で出ています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

ダンツークリーニングして

長い期間敷きっぱなしになっていたのでしょうか凄い虫食いが有る中国ダンツーのクリーニングをさせていただきました。
裏を返せすと縦横の基本糸に結ばれている所を虫が食べ、その部分の表側のパイルを強く引っ張ると抜けてしまいます。
当社で水洗いするとパイルが抜ける事をお伝えし、更に殺虫と強力防虫をオススメしご了解頂きました。
今年一番の暖かさの中、出来るだけパイルが抜けない様に慎重に水洗いし、防虫剤を投入ご、1時間天日干しし、その後UVカットして有る温室でユックリ水分を抜いて行きます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

新しいブランド品テスト

写真のブルーとグレーで色付けされているシルクの座布団サイズじゅうたんを洗ってみた所、ブルーから若干ですが赤色が出てグレーに付着してしまいました。
ブルー色はナス紺を作る時に入れる赤色が入っていて、クリーニングする際のアルカリ性により赤色が出てしまった様です。
色の雰囲気を壊さない様にグレーのみをヨーグルト漂白加工で元色に近い状態にしました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

熱海の大洋舎クリーニング

20年前の話になります。当時の当社はまだペルシャ絨毯のクリーニングが定着していない為、暗中模索の中で必死に仕事をしていました。
そんな時に取引先から「大型のシルクペルシャ絨毯が洗えるか?」と問い合わせがありました。
即座にOKと答えると、お客様と直接取引するのが条件とのことで、よくよく聞いてみると日本の最大の◯◯◯組織からのご依頼で、時価1億円のシルクペルシャ絨毯に◯を付けてしまったのでクリーニングして欲しいとに事で、中間の輸入メーカーや出入りのデパートは感知しないのが条件でした。
ただこちらも不安があると答えると、大洋舎クリーニングさんを紹介され、窓口になっていただきました。
お預かりしてから約1か月で出来上がり、大洋舎クリーニングさんと納品しました。
所有者さんは仕上がりに満足されたのでしょうか、他の絨毯を数枚連続してクリーニングに出していただきました。現在は移転され取引は無くなりました。それに法律上お受けできませんね
この度両親と共に熱海に旅行で来ましたので、大洋舎クリーニングさんにお伺いし、当時を思い出してお話しして来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

腐ってしまった絨毯

10数年の間倉庫に入れっぱなしにしてあった絨毯を預かりました。
先代さんの形見として倉庫に入れっぱなしになっていた絨毯(ヨーロッパ製の機械織りカーペット)を使おうとして出したら腐っていて使用不能になっていたそうです。
通常なら廃棄される程に劣化していて、触ると破れてしまいます。
しかし先代さんの形見なので、どの様になっても敷きたいと問い合わせがありました。当然洗える強度は無く(ティシュ程度)、2回御断りたのですが、「どうしても」との申し出に根負けしてお預かりしました。
水が入った状態でクシャクシャにたたまれていてシワシワです。更に腐れやカビで悪臭を放っています。
通常ならばストレッチマシーンでシワを伸ばすのですが出来ません。
2か月掛けてシワシワを80%取り、絨毯の裏に特殊ネットを張り強度を増す加工をしています。
強度が出ればこの後水洗いをする予定です。

続きは後日





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月30日 (日)

またまた革のラグ

1349011751311.jpg
先日革をラグにした敷物のメンテナンスをご紹介しました。お返しと
同時期に今度はアイボリー色のラグのメンテナンスをお預かりしました。今回のご依頼内容はマンションにお住まいの所有者様から上階からの水漏れで汚れたり一部が変色してしまったラグを修正して欲しいとの事です。
幸い革の部分には強い汚れや変色は発生しておらず、前回同様にクリーニングをすると綺麗に成りました。
しかし両側にある折り返し部分には黄色い変色がありクリーニングとシミ抜きではビクともしません。革のクリーニング後乾燥しこの折り返し部分の変色修理をしました。
しっかりとシミ抜き出来ました。
1349011755210.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

ネコのゲボ

我が家にはワンのカジュちゃんとニャーのケイ君がいる事は以前アップしましたね。
今日仕事から帰るとどちらかがゲボをしていました。大きさからするとケイ君の様です。フローリングと玄関マットの二カ所にゲボッてました。すかさず当社オリジナル商品のシュープリームとトイレットペーパーを用意し準備OKです。まずトイレットペーパーで出来るだけゲボをすくい取る様に繰り返しペーパーを取り替えながら作業します。ペーパーに汚れが付かなくなったらシュープリームをひと吹きして終了です。消臭と除菌消毒プラス汚れ取り効果も有りますのでグットですよ。好評発売中です。
ご注意ですが、じゅうたんにされてしまった時はペーパーなどですくい取る時にこすらないようにしてください。特にシルクじゅうたんは強いこすり傷になってしまいます。ウールじゅうたんは毛並みにそーと取って頂いても大丈夫です。フローリングは溝にゲボが残らないように工夫して除去して下さい。
自分でするのが怖い時は汚れを取らず、ペーパーを乗せたまま弊社にご依頼下さい。


1347794149458.jpg

1347794154107.jpg

1347794156533.jpg

1347794158078.jpg

1347794160339.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

ベルギーのレザーラグ

ベルギーのリミテッドエディション社製レザーラグを大阪の輸入家具様よりお預かりしました。かなり使い込まれていて汚れが付いています。レザーの洗浄は色落ちがある為慎重に作業しますが案の定使用したタオルにはダークブルーの色が若干移りましたが仕上がりには変化無い程度でした。乾燥後お預かり時に予め確認してあったレザーの剥がれを修理しレザー用の仕上げ剤を使って艶を戻して完了です。
1346154294549.jpg

1346154299904.jpg

1346154302582.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

クリーニング失敗

クリーニング失敗
クリーニング失敗
クリーニング失敗
他店でクリーニングをしたら色がにじみでてしまい、柄や房も赤くなったシルクペルシャ絨毯のマットをお預かりしました。
お客様はクリーニング店に補償を求めたそうですが、いくら申し出ても返事が無い状態だそうです。
考えてみると技術のない店にいくら言ってもわからないとあきらめてこちらにご依頼されたそうです。
さて色が出てしまったシルクペルシャマットは、白い柄が全部ピンク色に染まっていて、どれが元の色なのかわかりません。 お客様もはっきりとは覚えていないそうです。
まず水洗いと同時に思い切って全体を脱色して見ます。
全体の色を徐々に薄くしていく過程で、柄や元色が予想できた段階で全体脱色は止め、部分の脱色をヨーグルトを使い進めます。
異染した赤い色はここまでで取れると思います。
全体脱色で元の赤色も薄くなりますので着物に使う染料で補色します。
あとは房の色抜きですが、以前にもアップしているとおり、完璧に修復できますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

中国だんつう

中国だんつう
中国だんつう
中国だんつう
20年位前によく販売されていた中国ウールだんつうの日焼け直しをしました。
先ず全体各所の汚れを水洗いクリーニングで除去します。その際ペルシャ式のクワを使いパイル根本に沈んでいるホコリを掻き出しました。
大型脱水機で絞った後温室で三日かけて乾燥しました。
長年のご使用で各所の色は退色しています。裏側の色を手本に薄い色から順番に色を入れていきます。
ベージュの無地色にムラなく着色するのがとても難しかったです。
最後にパイルの間から出ている横糸の端をカットして終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧