« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月23日 (火)

車事情

アメリカや欧米との経済政策でハンデを強いられているイランの車事情をお伝えします。
車を含む贅沢品は税が増えるのか、とても高いそうです。車は30〜40年前の車両が多く、仕事用のトラックなどのほとんどはクラッシックカーのようです。
以前に来た時は排気ガスがひどく目が痛くなりましたが、現在は古い乗用車を中心に天然ガス車に改造しているので状況は改善されています。ただ天然ガスやガソリンは産油国なのに生産制限が有り、個人は購入を制限されているそうです。
マナーは始めて見る日本人にはとてもひどく見えます。2車線の道路を3〜4台がごちゃまぜに走る状況に加え、横断してくる歩行者もたくさんいます。
道路には速度制御のカマボコ型の出っ張りが有り、その度に急ブレーキと急加速の連続です。日本人にはこの国での運転は無理のようです。ヒツジも横断しますよ〜。
信号は少なく、中央分離帯があり左に行きたいけど一度右に曲がり、凄い交通量の3車線を右から左の車線に強引に入り、中央分離帯が切れているところでUターンします。この状態がいたる所であり、渋滞の原因にもなっている様です。
まだまだ歩行者より車優先で、更に強引に割り込みしたのが優先されます。
日本の感覚では乗れませんね。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

イランの乾燥

イランに到着してから4日になりましたが、ノドの渇きがすごいです。
今回の渡航前に運悪く風邪をひいてノドを痛めていました。出発時は熱は下がりましたが用心してノドヌールスプレーや飲み薬などを持参してのイラン入りとなりました。
しかしノドの調子は悪い方へ。スプレーも切れ持参した薬も終わり、どうしようもなく現地の薬屋へ連れてってもらい症状をつたえ薬を購入。
砂漠(土漠)が広がる大地は想像以上に乾燥しているのを実感しています。夜に洗濯した物が部屋の中で渇き着替えは少なくていいのですが。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

電車に乗って中心部へ

お邪魔している職人の実家はTeheran中心部から車で1〜2時間の所にあります。
今日はTeheranの高級住宅街に住む友人宅へ昼食のお誘いがあり出かけました。
Teheran市内は渋滞がひどく、車両の流入規制が有る為郊外から電車で行きました。
路線は国鉄(?)と地下鉄4路線があります。国鉄の2階建車両はスムースに移動して快適です。その後地下鉄に乗り換えましたが、私たちは男2と女2で乗車。車両内には男女を分けるゲートがありました。昔はバスや公共施設は男女に区分けされていましたが、現在はかなりゆるくなり、日本の女性専用車両と同じ扱いのようですが、車両内のゲートには驚きました。
混雑は東京と同じで通勤時はドアがなかなか閉まらない程ぎゅうぎゅうです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

房と平織り作り

ペルシャ絨毯イスファハンの房が経年によりボロボロになってしまったお品物をお預かりしました。
虫食いが若干ありましたので水洗いクリーニング+強力防虫加工をしましたので今後は安心です。
房のボロボロをお客様と打ち合わせさせていただき、購入当時の房と平織りを復元することになりました。
平織り作り専用の織り機に絨毯をセットして片側だけでも2週間くらいかかる根気の要る作業を進めています。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

深夜のテヘランに

シーラーズからテヘランに戻るには通常飛行機を利用するそうです。でも帰りのチケットをまだ購入していません。
今回のシーラーズは連休にあたり結構な旅行者が来ています。行きのチケットは当社イラン人の兄が簡単にネット購入しました。気楽に朝9時に旅行代理店に行ったら1軒目で「今日はどの便も満席」と言われ、手当たり次第に代理店を回り、やっと見つけたのがビジネスクラスで結構高い。
検討すると言って一度ホテルに戻って話し合い、もう一泊するよりは良いと結論が出て、再度代理店に行きました。が、すでに売却されていました。
仕方なく別の代理店に行くと3軒目でキャンセルが出ているのでOKとの事。でも出発は22:10発だそうです。となるとテヘラン到着後空港から出ると0時過ぎ。
まあ技術者の兄が迎えに来てくれるので、楽ちんですが寝る迄には後2時間は必要です。
深夜のテヘランをドライブしながら夜の街を見て来ました。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »