« ダンツークリーニングして | トップページ | ダンツウのクリーニングとエッジ修理 »

2015年3月24日 (火)

シルクペルシャを削っています

写真に出ている作業をシャーリングと呼んでいます。
長い間敷かれていた絨毯は汚れと共に表面はスレと一緒に日焼け退色も発生してしまいます。
クリーニングをすると汚れは除去出来ますが、スレと退色は残ります。
時々「クリーニングをしたら色が薄くなった」と聞きますが原因はスレと退色が表面化している為です。
この様な場合には絨毯の状況によりますが写真のシャーリングを施して、スレと退色をカットすると下の元色が出て来ます。
一振りのシャーリングで削れる長さは0.2ミリ位で、写真のように粉状の削りカスとなります。






|

« ダンツークリーニングして | トップページ | ダンツウのクリーニングとエッジ修理 »

シャーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149876/59392940

この記事へのトラックバック一覧です: シルクペルシャを削っています:

« ダンツークリーニングして | トップページ | ダンツウのクリーニングとエッジ修理 »