« 絹糸を繭から | トップページ | スマホ対応になりました。 »

2015年2月20日 (金)

熱海の大洋舎クリーニング

20年前の話になります。当時の当社はまだペルシャ絨毯のクリーニングが定着していない為、暗中模索の中で必死に仕事をしていました。
そんな時に取引先から「大型のシルクペルシャ絨毯が洗えるか?」と問い合わせがありました。
即座にOKと答えると、お客様と直接取引するのが条件とのことで、よくよく聞いてみると日本の最大の◯◯◯組織からのご依頼で、時価1億円のシルクペルシャ絨毯に◯を付けてしまったのでクリーニングして欲しいとに事で、中間の輸入メーカーや出入りのデパートは感知しないのが条件でした。
ただこちらも不安があると答えると、大洋舎クリーニングさんを紹介され、窓口になっていただきました。
お預かりしてから約1か月で出来上がり、大洋舎クリーニングさんと納品しました。
所有者さんは仕上がりに満足されたのでしょうか、他の絨毯を数枚連続してクリーニングに出していただきました。現在は移転され取引は無くなりました。それに法律上お受けできませんね
この度両親と共に熱海に旅行で来ましたので、大洋舎クリーニングさんにお伺いし、当時を思い出してお話しして来ました。

|

« 絹糸を繭から | トップページ | スマホ対応になりました。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149876/59004780

この記事へのトラックバック一覧です: 熱海の大洋舎クリーニング:

« 絹糸を繭から | トップページ | スマホ対応になりました。 »