« 中国シルクダンツウの | トップページ | 今年もご覧頂きありがとうございました »

2012年12月11日 (火)

靴墨が

中国製シルク絨緞に靴墨を着けてしまったお客様より連絡が有りました。
内容は「靴墨を買って間も無い絨緞に飛ばしてしまった、応急処置はありますか?」との事でした。
アンサーとして「何もせずにこちらに送って下さい。」としました。
すでに固っているらしくそのまま巻いても大丈夫と判断し簡易梱包でも良いとお伝えしました。その際に着けてしっまた靴墨本体も同送して頂きました。
届いた絨緞をじっくり見て、チューブに入った靴墨をペーパーに少し出し溶ける溶剤を探しました。乾いていない時には石油系の溶剤で溶けましたので、早速絨緞に試して見ましたがビクとも変化しませんでした。
チューブに書いてある販売店に連絡をして聞いてみると、
「固まった時には落とせない」とのお話でした。このままではお返し出来ないので試行錯誤し着物の紋抜き技法で試したらバッチリでした。

1355229565751.jpg

1355229569633.jpg

|

« 中国シルクダンツウの | トップページ | 今年もご覧頂きありがとうございました »

色部分修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149876/48289798

この記事へのトラックバック一覧です: 靴墨が:

« 中国シルクダンツウの | トップページ | 今年もご覧頂きありがとうございました »