« じゅうたんの裏地張替え | トップページ | 中国シルクダンツウの »

2012年11月 9日 (金)

房の漂白がチョー難しい

楕円形のシルクペルシャ絨毯の房漂白のお仕事です。
普通の手織り絨毯はニ辺が房になっているので適切なクリーニングをしていると房のくすみや色がついた時にもパイプにタオルと同様に掛ければ両側の房が垂れ下がり,容易に後処理が出来ます。
今回のご依頼は写真の楕円形のシルクペルシャ絨毯の玄関マットです。写真でも分かるとおり絨毯の回り全部が房になっています。普通の絨毯であれば片方の房漂白をしてからもう一方の房漂白をしますが、楕円形や円形などの変形絨毯は全部お房がつながっているエンドレスです。更に房は絨毯を構成している縦横の基糸で房ができていますが、全周が房の絨毯は必然的に縦横糸に対し斜めの部分がある訳でそこはダミーの房糸を取り付けてあります。
今回のご依頼品ですが房が黄ばんでいるので白くして欲しいとのご希望でした。よく見ると本物の縦糸で作られた房(縦長方向)以外はダミーの房が取り付けられており、更に色と房糸の太さも違います。更に更に他社さんでかなり漂白剤を使用していた痕跡も発見しました。
腹を決め、ゆっくり根気良く少しずつ、着物の染色補正技術を使い漂白をしていきます。
一周漂白するのにほぼ一日掛かって仕舞いました。
でも綺麗になりました。
1352469495348.jpg

1352469498296.jpg

1352469500566.jpg

1352469502532.jpg

|

« じゅうたんの裏地張替え | トップページ | 中国シルクダンツウの »

色部分修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149876/47785932

この記事へのトラックバック一覧です: 房の漂白がチョー難しい:

« じゅうたんの裏地張替え | トップページ | 中国シルクダンツウの »