« 仙台で天然の色展に展示 | トップページ | 房の漂白がチョー難しい »

2012年10月22日 (月)

じゅうたんの裏地張替え

中国製のフックダンツウの裏地が破れたため張替えの修理のご依頼を頂きました。
購入から30年位経っていると思うじゅうたんです。
オリジナルの裏地は綿布をつないで250x360サイズにして取り付けてありました。元の綿布の色は何色だったのかわからないくらい黄色くなっています。
構造を確認しながら回りの折り返し布を外していきます。その後綿布を本体からゆっくりはがして行きます。予想どおりフックでのじゅうたん製造時に使用したラテックス(のり)は経年によりボロボロになっていて、ラテックスの機能はなくなっています。
裏地を張る前にこのラテックスの補強をします。特殊なのりをローラーで内部にしみ込むように塗り込みました。(グレー色部分)
その後新しい布を貼って取り替える事になります。
今回裏地に使用した布は関西のメーカー様にお願いし、無理やり分けて頂いた貴重品です。250x360サイズの布を用意するのが一番大変でした。
裏地を取り替えた後に痛んだ房も取り替えて修了しました。
おかげさまで大変綺麗に出来ました。

1350915718062.jpg

1350915720590.jpg

1350915723346.jpg

|

« 仙台で天然の色展に展示 | トップページ | 房の漂白がチョー難しい »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149876/47552570

この記事へのトラックバック一覧です: じゅうたんの裏地張替え:

« 仙台で天然の色展に展示 | トップページ | 房の漂白がチョー難しい »