« 金沢金時草 | トップページ | なかなか上手くアップが »

2012年8月15日 (水)

大変長い事お休みしました



大変長い事お休みしておりました。いつもブログのアップに使っている携帯電話を6月上旬に金沢出張中に水没させてしまい、急遽スマホに変更しましたが、使い方やブログアップが出来ず苦労しています。やっとアップが出来るようになりましたのでまた再開させて頂きます。

__

さて再開一号目は中国段通の房取り替えです。ただし今回の中国段通は30年程前に大量量産タイプとして考案され日本各地で販売された「TA」と呼ばれていたじゅうたんです。
外見は一色のみで作られており、ハサミで彫り込みをして柄を作っています。最大の特徴は機械織の様に縦横の糸を組み合わせてパイルを押さえていることです。つまり外見や厚み触り心地などは中国段通ですが手織り(手結び)されていません。匠に手織りに酷似した機械織じゅうたんです。
このじゅうたんに手織り同様の房を取付けますが、後付けの房を付ける為に針で房取り替え糸を入れますが、通常の手織りじゅうたんの様な結びが無い為いくらでも針が内部に入ってしまいます。このままであれば作業は楽なのですが、入り易い反面抜け易い状態ですので困ります。通常より深く針を入れ、抜け止めに縦糸に絡める針作業が必要となり返って手織りより手間が掛かります。
でも仕上がりが綺麗に出来上がると嬉しいです。

|

« 金沢金時草 | トップページ | なかなか上手くアップが »

房両側取り付け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149876/46697857

この記事へのトラックバック一覧です: 大変長い事お休みしました:

« 金沢金時草 | トップページ | なかなか上手くアップが »