« キリムにシミ | トップページ | 我が家のニャンが »

2012年3月21日 (水)

ジュウタンをかじった?

ジュウタンをかじった?
ジュウタンをかじった?
ジュウタンをかじった?
ペルシャジュウタンイスファハンのクリーニングを預かりしましたが、大きな穴と言うか破れがあります。
基糸も茶色く変色と劣化していて触るだけでポロポロと崩れます。もちろんこのままで洗うと破れがどんどん広がり、倍の穴になってしまいます。クリーニング業者さんからの入荷でしたので現状確認や穴の原因などを問い合わせしました。
答えは「よくわからない」との事、ただお客様宅には小さい室内犬がいるらしいそうです。
予想できるのはワンちゃんが土を掘るようにジュウタンを長い間ひっかいていた・粗相を隠す時にも同様の行動をするので、黄色いシミと劣化は尿に含まれるアンモニア等のアルカリ成分とすると現状に合致します。ただオシッコの臭いはほとんどしません。最近のペットフードには消臭剤が入っていると聞いていますので効果により臭わない可能性があります。しかし消臭剤入のオシッコジュウタンを洗うとバリアが外れすごい臭いが発生した事もありますので、修理やクリーニングの他に脱臭加工も必要とお伝えするようになりました。
穴の修理についてはプロとして最良の方法を考え料金の算出をした所、数十万円となりました。クリーニング業者を通してお客様にお伝えしたら修理に掛かる予算が2万円までで、ワンちゃんが再度同様の状態にしてしまう可能性があるとお答え頂きました。
そこで手織りジュウタンにとっては最終段階となる裏に布等を張り強度を確保した後クリーニングをする方法を協議し、この方法で進める事になりました。裏張り加工は5000円で他にクリーニング代と脱臭加工代を頂きました。
これでまだまだお使い頂けると思います。

|

« キリムにシミ | トップページ | 我が家のニャンが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149876/44573462

この記事へのトラックバック一覧です: ジュウタンをかじった?:

« キリムにシミ | トップページ | 我が家のニャンが »