« 化繊マットのシミ | トップページ | キリムにシミ »

2012年2月25日 (土)

繭から糸を取り出す

繭から糸を取り出す
繭から糸を取り出す
繭から糸を取り出す
9月にNDPCアースネットワーク金沢大会に参加し見学した金沢白山市にある「牛首紬」の白山工房で繭から糸を取り出し、各行程を経て着物が完成するまでを見せて頂きました。
現在は見学者向けにコースになっていて行程の要所要所が見れるようになっている為に見学時間はそう長くは必要としません。それゆえ初めて見た方には物足りないかも知れませんが、私はシルクロード各国でみてきた繭からの精練実働作業と比べると冬は雪で閉ざされる日本の山奥で昔、マニュアルがない時代に非常に高度で利にかなった仕事をしていた事は驚きでした。
作られていた着物は繭から取り出した良質糸は売りにだし、残った太さの違う糸や双子の繭になった大きな繭、長さが短い糸などのいわゆるクズ糸を利用した「つむぎ」でした。
そのため絹生地はポコポコと小さいオウトツがありますが遠目からみるとキラキラ光り大変綺麗な着物に仕上がります。
是非お出かけください。

|

« 化繊マットのシミ | トップページ | キリムにシミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149876/44253957

この記事へのトラックバック一覧です: 繭から糸を取り出す:

« 化繊マットのシミ | トップページ | キリムにシミ »