« 足利市 | トップページ | キリム付きの房取り替え »

2010年8月 2日 (月)

シャギーラグ修理

シャギーラグ修理
シャギーラグ修理
シャギーラグ修理
他店でクリーニングした際に不手際があり、内部のラテックス(接着剤)にダメージを与えてしまったようで強い化学的な異臭が取れなくなってしまったシャギーラグをお預かりしました。
20畳の作業場に置いて居ると強い臭いで頭が痛くなります。
これではクリーニングを依頼した持ち主の方が怒るのも当然でしょう。
早速各種の脱臭剤を付けて効果を検証してみましたが、どれも散布直後は効果が有りますが、次第に強い臭いが復活してしまいました。
次にジャブジャブ水洗いして、臭いが取れないか試してみました。が、乾くとまた臭いが出て来ました。
最後はシャギーラグを写真の様に解体し、臭いの元臭いなっているラテックスをできる限り除去する作業となりました。

|

« 足利市 | トップページ | キリム付きの房取り替え »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足利市 | トップページ | キリム付きの房取り替え »